ユニットバスのリフォームについて

  • ユニットバスにリフォームしたら取り入れたい設備機器

    • 浴室の床や天井、壁、ドアなどのそれぞれの部材を工場で予め製造したものを、リフォームする現場で組み立てるのがユニットバスです。

      東京新聞について調べるなら、こちらをご覧ください。

      そのため工事期間がとても短期間ですむのが特徴のひとつで、規格どおりに製造された部材を組み立てるという工法によるメリットです。


      ユニットバスはとても防水性にすぐれた構造になっており、家の躯体から完全に独立した状態で設置させるため防水性にとてもすぐれているので、在来工法の浴室のように水が染み込んで土台部分を腐らせてしまうような心配がありません。


      土台に水が染み込むと木材が腐るだけでなくシロアリやカビの被害にもあいやすくなり、いずれ大規模な修繕が必要になることも考えられます。リフォームでユニットバスを取り入れる事で床と壁などのつなぎ目部分が一体化されて隙間がなくなり断熱性も高まるため、冬の底冷えのする浴室環境が改善されるのも魅力のひとつです。

      機密性の高さを存分に活用してミストサウナを設置したり、室外の温度との差によって起こるヒートショック現象を予防するために浴室暖房乾燥機をつけるなど、ユニットバスにリフォームするタイミングでぜひ取り入れたいすぐれた機能が数多くあるのも大きな魅力です。

      フローリングの修理の相談ならココです。

      工場で製造された部材を現場で組み立てる事で工期も短縮される上に価格も安く済むなど良いことだらけのユニットバスにリフォームする事で、毎日のバスタイムが気持ちよくリラックスできる極上の時間になることでしょう。



  • 関連リンク

    • 広々とした気持ちの良いお風呂は毎日の疲れを取り除くためのかけがえのない時間を過ごす大切な場所です。それでも湿気やタンパク質の汚れによってカビなどのしつこい汚れが付きやすく、設備も傷みやすいのが悩みの種です。...

    • 築年数の古いマンションに住んでいる方の中には、タイルなどで作られた在来浴室を最新のユニットバスにリフォームしたいと考えている方も多いと思います。在来浴室の場合は古くなるにつれタイルにヒビが入ってしまったり、そこから湿気が入ることによって下地が腐ったり変形の原因となることがあります。...